メールでのお問い合わせはこちら

大阪・奈良・京都・兵庫で壁紙の張り替えをお考えの方へ
大阪枚方市にある壁紙張り替え専門店【wall craft】

ブログ
2021.02.11

しつこくやるのはいいかも

白河です。ここ最近特に思う事なんですが、どれだけ良い商品、良い技術を持っていても、「知られなければないのと一緒」というジョブズが言ってたような無いような言葉をよく思い出しています。

思っているからどないやねんと思われるかもしれませんが、数年前から工務店さんの取引ではなく、出来るだけ自分たちでエンドユーザー様を集客していこうという動きに変えてからの変化をここ最近すごく感じれるようになってきました。

それは独立してからの目標でもあったのですが、目の前の仕事、依頼をこなしていく事に追われ、それでも十分生活できるし、贅沢言っても仕方ないなどいろいろ言い訳もしながら初心を忘れてやっていました。

だがしかし、いつだって時代は変わっていくし、ずっと同じが続くほうが奇跡ですよね。いつからか工事の請け負い単価はまだ下がるのに、人件費は高騰していくという時代になってきました。

そんな状態で営業していくには企業努力がまず簡単にできることなので、みんなで今まで以上にがんばるしかないという方向でやってきたのですが、経営者とスタッフではなかなかその意識の共有が出来ずに自分の無力さを感じる事ばかりで、もうこの仕事辞めたいなあ、ほんまに向いてないなあとか考えることも多くなってました。

その結果は空回りばかり、上手くいかない事ばかりで自分的にしんどい時期が割と長い間続いたのですが、今までの自分の人生を振り返るとそうなっても結局しつこいんですよね笑

自分は、無駄が嫌いで合理的なのが大好きで、見習の時もいかに早く職人になるかをテーマにやっていました。なので分からないことは聞きまくる!見て覚えるけど聞いて分かればそのほうが早い!だから聞かなくて出来ない人は何考えてるかわからん、人生の無駄使いやとさえ思ってました。

結局その考え方だけじゃ上手くいかなかって、最後はこの仕事を辞めて楽になりたい気持ちもあったけど、それよりもどないかしたんねん、これぐらいのことが出来ないくせにスタッフに指示したりあほちゃうかと自分を追い込んでからやり方、考え方を見つけるという何とも要領の悪いと言いますか、能無しと言いますか、そんなタイプというのを認識してしまいました。

きっとこれからもそうなんだと思いますが、自分のタイプは十分理解できているので結果が出るまでの失敗は必要な過程と捉えていく気持ちを持てるようになり、今は割と仕事が楽しいです!

また偉人をたとえにしますが、イチローも言ってました。

最短距離で覚えるのはもちろんいい事だけど、失敗したり試行錯誤しながら覚えたことに比べてそこに深みはない。ちょっと違った気がしますが、だいたいこんな感じ。

えー言葉やんか~、自分にピッタリやん(^^♪

いつか情熱大陸の取材が来たらそのセリフを使おうと思っています笑

関連記事

公式SNS

wall craftでは、Instagram・Facebook・YouTubeでも情報を発信しています。
お得な情報もお届けしますので、フォローをお願いいたします。

PAGE TOP