LINEでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
24時間365日受付。1分でお問い合わせいただけます。

DIYとwall craftの違い

窓ガラスフィルムはホームセンターなどで購入できるため、
コストを抑えるためDIYされる方も多くいらっしゃいます。
ですが、窓ガラスフィルムは簡単に見えて実はDIYが難しい分野でもあります。
実際、wall craftではDIYで失敗して当社にご相談いただくケースもございます。
DIYとwall craftによる施工は何が違うのか、プロのテクニックをご紹介します。

DIYとwall craftの違いその①

防水養生

フィルムの貼り付けには水(施工液)を使用するため、
事前に防水のための養生が必要になります。

  • DIYの場合

    タオルなどを使った養生では不十分なため、壁や床が濡れてしまい劣化の原因になります。

  • wall craftの場合

    専用の防水シートでしっかり養生するため、浸水による壁や床の劣化対策もバッチリです。

    イメージ画像

DIYとwall craftの違いその②

ガラスの清掃

汚れやゴミが付着したままだと、フィルムを貼った際の気泡の原因になります。

  • DIYの場合

    市販のスポンジやタオルだと硬化した汚れまで除去することは難しいです。

  • wall craftの場合

    スクレーパーやスクイジーなど専用の道具を使い、ガラスに付着した汚れやゴミを徹底的に除去します。

    イメージ画像

DIYとwall craftの違いその③

フィルムの貼り付け

貼り付けにはスピードと正確性が要求されます。
DIYで最も失敗しやすいのがフィルムの貼り付け段階です。

  • DIYの場合

    一人で貼ることは難しく、フィルムのセパレーターを剥がす際に折れてしまったりキズをつけてしまうことも。

  • wall craftの場合

    熟練の職人がスピーディーかつ特殊な技術で施工するため、折れやキズはもちろんゴミが入ることも防ぎます。

    イメージ画像

DIYとwall craftの違いその④

スキージング(水抜き)

DIYとプロの一番の違いはスキージング(水抜き)の正確さです。
スキージングに不備があると、フィルムの持つ機能・性能が発揮できず、
半分以下の耐久性、効果しかない状態が起きてしまいます。

  • DIYの場合

    市販のスキージーでは十分な水抜きが難しく、水泡や気泡が入る恐れがあります。

  • wall craftの場合

    フィルムやガラスの種類によって硬さや形の異なるスキージーを使い分け、後にトラブルのないスキージングを行っています。
    単純な作業に見えるかもしれませんが、ここが経験を要する部分でフィルム職人が最も神経をつかう所です。
    どのくらいの力加減でどれくらい水を抜けばいいのか、経験豊富な職人の腕の見せどころです。

    イメージ画像

DIYとwall craftの違いその⑤

点検

貼り付け後の点検で気泡やゴミが入ってしまっていた場合、
取り除く作業が必要になります。

  • DIYの場合

    フィルム貼り付け後の修復は難しいため、DIYの場合はフィルムを買い直すことになるケースが多いです。

  • wall craftの場合

    wall craftでは万が一気泡やゴミが入ってしまった場合でも、フィルムを貼り直すことなく丁寧に修復いたします。

    イメージ画像

結果、DIYとwall craftだと
こんなに違う!

  • DIYの場合

    イメージ画像
  • wall craftの場合

    イメージ画像

施工料金

10,000円/㎡〜

※料金には、フィルム代、施工作業費、清掃・残物処理費、養生費が含まれます

※お客様の目的・フィルムにより施工料金は異なります

\訪問不要のオンライン見積りも可能/

無料で見積りを依頼する

施工完了までの流れ

  • アイコン

    お問い合わせ

  • アイコン

    無料お見積り

  • アイコン

    お申し込み

  • アイコン

    施工

  • アイコン

    保証内容ご説明

  • アイコン

    お支払い

\訪問不要のオンライン見積りも可能/

無料で見積りを依頼する